excitemusic

語りたくなったら書きます。主にF1とか
by kurobutisan
ICELANDia
カテゴリ
全体
にっき
F1
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


そんなわけで。。

最初は自分が語りたいF1について書きたいと思います。

F1を観始めたのは2004年から。その頃は慣れない関東に出て浪人生活をしてましたから本当に右も左も分からずに寂しい思いをしたものでした。そんなときにふとテレビを見るとなにやら見慣れないカタチの車が走ってる。しかもやたら速い。

『あぁ、これがF1なのか。自分とは縁遠いけれど、かっこいいなぁ。』

そう思った瞬間から、ロマンあふれるF1の世界にどっぷりなわけです、えぇ。
当時は佐藤琢磨がBARホンダのセカンドドライバーとしてアメリカGPで表彰台に上がったりして活躍していましたし、『日本人も頑張っているんだ!これは是非とも応援したい』という気持ちもおおいに働いたわけなんです。

でもなんだかんだ言って、やっぱりF1に勇気づけられたのは大きかった。あの時テレビを点けて本当によかったと今でも思います。


さて、先週末から始まりました2007年のF1が!

開幕戦のオーストラリアGPからはじまる序盤の緒戦では、例年言えることだけど冬の合同テストの情報が非常に重要なファクターの一つでしょう。やっぱりテストでタイムが出ない車では本番はまともに戦えない。

最終的には、合同テストから頭ひとつ分抜き出ていた感のあるフェラーリのキミ・ライコネンが勝ったわけですけど、コンビを組むフェリペ・マッサ(決勝:6位)が予選時にトラブルで16番手に沈んだのはやはり痛かった。結果マクラーレン勢の2,3フィニッシュを易くさせてしまったわけで。

日本勢では参戦2年目のスーパーアグリが魅せてくれたと思います。レースペースこそあまり芳しくなかったようだけれど、予選での一発の速さは佐藤琢磨、アンソニー・デビッドソン共に本家のホンダを完全に食っていましたから。12位完走した琢磨は言わずもがな、トラブルやスパイカーのエイドリアン・スーティルとの接触に泣いて16位に終わったデビッドソンも、第2戦のセパンでまた頑張って欲しい!!
[PR]
by kurobutisan | 2007-03-19 03:16 | F1
<< やったぜ琢磨!8位入賞おめでと... 書きたいことを書く。 >>